写真・動画の編集/加工

Comments: No Comments
Parent page: SHNサービス一覧
写真・動画の編集/加工SHN Japan

デジタル画像の色修正や赤目修正、合成や音楽、効果音を組み込んだスライドショーをMacやWindowsや市販の DVDプレーヤーで再生して家族で楽しむことができるDVD-Rを制作いたします。

ビデオカメラで撮影した結婚式、卒業式、運動会といったイベントをDVD化すれば、市販のDVDタイトルと同様に、再生中にお気に入りシーンにすばやく簡単にジャンプできるようになり、音楽や効果音、エフェクトを追加しハリウッド映画さながらに仕立てるサービスもいたしております。

 

画像サイズ/解像度の変更

  • 解像度=本格的な印刷では350dpi程度で、一般のプリンターで印刷する場合には、150dpi程度の解像度で十分です。モニターで見ることを前提とした画像(ホームページ用など)は、解像度を72dpi以上に上げても意味がありません。(解像度の数字が多いほどファイルサイズは大きくなります)。

 

画像の切り抜き

  • 不要なところをカットします。(斜めにパースのかかった画像を真っ直ぐにできます)。

カラー調整

  • レベル補正と自動レベル調整(画像が暗すぎたり明るすぎるような時に補正することができます。諧調がおかしい画像やのっぺりした画像を適切なレベル分布の画像に補正)
  • トーンカーブ(それぞれのチャンネルごと(赤、緑、青)の明るさを各チャンネル独立した形で補正)
  • カラーバランス(画像の色合いを補正)
  • 明るさとコントラスト(画像全体の暗くしたり、明るくしたりすることができます。コントラストでは、明暗をはっきりさせたり、逆に画像をのっぺりとした全体に明るさの差がないものにすることができます)
  • 色相・彩度(「色相を変える」とは、色合いを変えるということです。例えば、緑の葉っぱの画像を「色相・彩度」を使って、黄色の葉っぱや、赤の葉っぱ、青の葉っぱなどに変更することができます。「彩度」とは色の濃さです。同じ黄色でも濃い色や薄い色といった「彩度」の違いがあります。)
  • 彩度を下げる(「彩度を下げる」とは本来、色の濃さを下げるという意味ですが、ここでは「色の濃さ」を「0」に、つまり白黒の画像にする機能をいいます。)
  • 色の置き換え(「色の置き換え」とは、ある特定の色を、まったく別の色で置き換えてしまうことを言います。)
  • 諧調の反転(「諧調の反転」とは、画像の明るい部分と暗い部分が反転した状態です。普通の画像で諧調の反転を行うと、写真でいえばネガフィルムのような画像になります。また、アルファチャンネルのような白黒だけの画像の諧調を反転させると、白い部分と黒い部分が入れ替わります。つまり選択範囲と、選択範囲外が入れ替わることになります。)
  • 平均化(イコライズ)(「平均化(イコライズ)」は、画像の中の明るさの分布があまりにも激しいような画像(明るすぎるものか暗すぎるものを含む、もしくは両方が混ざった画像)の明るさの分布を均等にします。)
  • 諧調化(「諧調」とは、色の段階がどのくらいなのかを表しています。通常グレースケールの場合は256階調、すなわち白から黒の間が2段階しかない画像の表現となります。諧調のどのレベルで白と黒に分けるかを設定できます。)
  • ポスタリゼーション(「ポスタリゼーション」とはいわゆる「ポスター」に見られるような絵の雰囲気に似た画像にする機能です。)
  • バリエーション(自分の好きな色を足したり、引いたりして画像全体の色の雰囲気を整えたり、ハイライトやシャドウの調整を行うことができます。)

 

Welcome , today is 土曜日, 2017/11/18